事業者ローンキャッシング

|一覧|女性/主婦|バイトOK|学生|無利息|即日|来店不要|

キャッシングまめ知識:延滞という事故情報

キャッシングの延滞には、“小さな延滞”と“大きな延滞”の2つがあります。これは、「自分が利用している会社での延滞」と、「信用情報機関が定める延滞」の違いです。

小さな延滞ですが、たまたまうっかり忘れちゃったなどキャッシングの返済を数日払うのが遅れたというものです。

キャッシングにおける大きな延滞とは、「信用情報機関が定める延滞」のことで、3ヶ月まったくお金を払ってないことを言います。

こういった延滞が理由でクレジットカードを強制解約されると、個人信用情報機関にカード強制解約と載る事もあります。

また、最低5年間はクレジットカードやローンの審査に通りません。俗に言うブラック状態とはこの事を指します。せっかく今まで積み重ねてきた信用を落とさないために、キャッシングの長期間の延滞は絶対に止めましょう。

キャッシングをして3ヶ月以上お金を返さなかった人、これをブラックの人と言います。

信用情報機関に延滞という事故情報が登録されてしまい、俗に言うブラックリストにのってしまいます。

金融機関はそれぞれの情報を共有し、審査の参考にしています。もし、支払いが滞った場合、すぐに支払えば、事故にはなりません。

しかし3カ月以上滞納した場合は延滞という事故情報がの記録が5年間残ります。自己破産や民事再生などは官報掲載情報として7年間記録が残ります。

自己破産し、官報掲載情報が残っている場合、キャッシングなどの融資を受けることは難しくなります。

携帯にURLを送る

このページのトップへ
キャッシング会社一覧
キャッシング会社一覧
金利で探す
無利息キャッシング
低金利キャッシング
ネットで金利優遇
便利優先で選ぶ
来店不要キャッシング
コンビニで借入返済
目的で探す
即日キャッシング
おまとめローン
レディースキャッシング
学生キャッシング
事業者ローン
会社で選ぶ
銀行系キャッシング
信販系キャッシング
消費者金融系キャッシング
キャッシング便利帳
返済シミュレーション
キャッシング用語集
キャッシングの基礎知識
キャッシングリンク
キャッシング関連リンク
キャッシング相互リンク
お役立ちリンク
サイト管理者
運営会社
免責事項
お問い合わせ
キャッシングローン